神奈川・茅ヶ崎の児童養護施設=癒しのための巣づくり

安かれ我が心よ

400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/gsfc2.txt (port 80)

「安かれ我が心よ」

詩・曲】讃美歌298
アレンジ】Y.A.


Finlandia
交響詩フィンランディア
ジャン・シベリウス 1899年

作曲トロンボーン トランペット ホルン チューバなどのブラスセクションによる 轟音のような 唸り声のような 重厚かつ陰鬱なイントロ。何か大きなウネリが起りそうな予兆。

やがてティンパニィなども加わり力強く勇壮な音楽が進む。すると突然の静寂。その中から 心洗われるような 穏やかで かつ愁いを含んだメロディが響き渡る。

「フィンランディア」と言えばシベリウス シベリウスと言えば「フィンランディア」
日本ではドヴォルザークの「家路」とならんで 北欧音楽の人気曲ですね(♪ と~き~や~まに~) 。

キリスト教世界では この曲の一部が 讃美歌(日本では298番「安かれわが心よ」)として親しまれています。

 
もちろん本国フィンランドでも〝第二の国歌〟と言われるほど愛唱されているようです。
それというのも 単にメロディが美しいというだけでなく フィンランドにとってこの曲は 祖国への愛や 国家独立を象徴する曲でもあるからです。
 
 

Juke Box

Juke Box

Copyright © サーフサイドセヴン茅ヶ崎ファーム All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.