神奈川・茅ヶ崎の児童養護施設=癒しのための巣づくり

神の御子にますイェス(アニーローリー)

  • HOME
  • » Juke Box
  • » 神の御子にますイェス(アニーローリー)

この聖歌の元である「アニーローリー」は 日本でもとても有名です。
いや 有名というより メロディだけはあちこちで流れています。ただしみんな 曲名さえ知らないでしょうし ましたやこれが スコットランド民謡であることとか 讃美歌でもあることとか まったく意識にないでしょうね。

あちことというのは スーパーマーケットやホームセンターなんかで 閉店の音楽としてよく流れています。そう「“蛍の光”じゃなくて なんか手ごろな曲はないかね」ってな時に 「こんなのありますよ」っていう程度に有名だってことで メロディが優しいですもんね。

これは19世紀に作られた曲ですから古いです。初めから讃美歌だったわけではなく スコットランドの女性音楽家(その名もスコットさん!)が 自分よりもっと古い時代の失恋の詩に曲をつけたもの。
歌となってからこれまで 歌詞は何度か書き換えられているようですし 明治のころ日本に入ってからも メロディだけ拝借して まったく違う歌として独自の歌詞がつけられています。
旋律も変えられたり それに「アニーローリー」としての訳詞にしても何種類があるようですし まあ「さんざんな」というか「モテモテ」というか。私はまったく知りませんけど。

この曲は世界的にも人気のようで ほゞどれも可憐な印象の曲となっていますが ロシア軍合唱団のはスゴイです。ピアニッシモからフォルテッシモまで ガッシリ作り込んだ大迫力(YouTubeで聴けますよ)

キリスト教においてはカソリック聖歌582として やっぱり人気です。

あ そうそう 「蛍の光」も もちろん世界中で親しまれている歌で これもスコットランド民謡ですね。

もくじへ戻る

Juke Box

Juke Box

Copyright © サーフサイドセヴン茅ヶ崎ファーム All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.