神奈川・茅ヶ崎の児童養護施設=癒しのための巣づくり

「この僕」

400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to server.localhost.com's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/gsfc2.txt (port 80)

「この僕」

詞・曲】 改 : Y.A.

これには元歌があります。
あるドイツ人がある牧師に捧げた歌です。

ある日
その牧師ご本人からこんなお話が。
「これを音楽にしてほしい。あなたにすべてお任せするので 好きなように作ってください」
と ピアノ譜に歌詞のついた楽譜を渡されたのです。

ところがそれを見て困りました。
失礼ながら 正直 曲としてのまとまりがない。フレーズをとりとめなく繋ぎ合わせたような なんとも落ち着かない曲だったのです。
(曲を好きになれなければアレンジだってできませんからね。商売じゃないんでね)

それに何より 音程が広すぎて普通の人では歌えない。特に一般的日本人の音域は1オクターヴ少々と狭いですから。

また 歌詞が英語だったので私の方から
「英語なら先生の方がお得意じゃないですか」というと
「いや 歌の詞となるとまったく別だから」ということでした。

そこで
”元歌をそのまま音にしたもの”と
”私なりの改変を加えたもの”との2曲を作って差し上げました(ここに掲載したのは その後者の方です)

結果として 90%くらいは変えることになってしまった。

まずメロディでは 元歌のフレーズの断片は残しているものの 上半分(高音部)バッサリ切り落とし 最低音も削ることにしたわけで そうなればそこをどうするか。
さらに 当然そのつながりで他のメロディも変えざるを得ない。
ハーモニィも変えた。
歌詞についても そもそも日本語では英語のように多くの言葉を入れられない(最近のポップスでは「~シアワセダトオモエルシュンカンガァ~」なんて 3拍に15文字ゴチャッと詰め込んだ歌もありますが)
輸入した讃美歌はみなそうですが 意訳にせよ むしろ言語的 文学的センスが問われることになりますね。

で 何やかや 結局ほとんど別の曲のようになってしまったというわけです。
(「劇的ビフォアアフター」状態ッ!)

曲を聴いてもらうにあたっては もちろん私の方から
「元の作曲者に許諾をとったほうがよい」と言いましたが
「いいんですよ。もともと私がもらったんだから」と。

こうして出来上がったのがこのヴァージョン。
ピアノ五重奏となっています。

聴き終えた牧師先生 しみじみと
「いやぁそれにしても 贅沢なもんですねえ こんな音楽作っていただいて。これで安心して死ねますね」

もくじへ戻る

Juke Box

Juke Box

Copyright © サーフサイドセヴン茅ヶ崎ファーム All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.