神奈川・茅ヶ崎の児童養護施設=癒しのための巣づくり

この僕

400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/gsfc2.txt (port 80)

「この僕」

詞・曲】 改・訳 : Y.A.
アレンジ】 Y.A.


これの元歌は あるドイツ人がある牧師に捧げた歌です。
その牧師さんからある日 「これを音楽にしてほしい。あなたにすべて任せるので 好きなように編曲してください」とピアノ譜に歌詞つきで依頼されたものです。
ところがそれを見ると 失礼ながら 正直 曲としてのまとまりがない。フレーズをとりとめなく繋ぎ合わせたような落ち着かない曲だったのです。それに何より音程が広すぎて 普通の人では歌えない。特に一般的日本人の音域は1オクターヴ少々と狭いですから。

また 歌詞が英語だったので私の方から「英語なら先生の方がお得意じゃないですか」というと 「いや 歌の詞となるとまったく別だから」ということでした。

そこで ”元歌をそのまま音にしたもの”と ”私なりの改変を加えたもの”との2曲を作って差し上げました(ここに掲載したのは その後者の方です)。

結果として 90%くらいは変えることになってしまった。
まずメロディでは 部分的に元歌のフレーズは残しているものの 上半分(高音部)バッサリ切り落とし 最低音も削ることにしたわけで そうなればそこをどうするか。さらに 当然つながりで他のメロディも変えざるを得ない。ハーモニィも変えた。
歌詞についても そもそも日本語では英語のように多くの言葉を入れられない(最近のポップスでは「~シアワセダトオモエルシュンカンガァ~」なんて詰め込んだ歌もありますが)。つまり 翻訳ではなく意訳ですね。
何やかや 結局 ほとんど別の曲のようになってしまったというわけです。
(「劇的ビフォアアフター」状態ッ!)

出来上がった曲を聴いてもらうにあたっては もちろん私の方から「元の作曲者に許諾をとったほうがよい」と言いましたが 「いいですよ。もともと私がもらったんだから。いやぁ それにしても贅沢なもんですねえ。これで安心して死ねますね」などと その牧師さん。

元の作者にはほんとうに申し訳ない。
しかしそうは思いながらも 自画自賛ですが 私自身なかなか気に入っています。

もくじへ戻る

Juke Box

Juke Box

Copyright © サーフサイドセヴン茅ヶ崎ファーム All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.